七ヶ宿の白炭の特徴とその利用方法
  • 掘りごたつ

      
        
bbbbbb黒炭と白炭の違い
bbbbbb白炭の特徴と利用方法と、適した商品
                                                              違い

木炭には、製法上大きく分けて、黒炭(こくたん、またはくろずみ)と、白炭(はくたん、またはしろずみ)の2つあります。木を炭窯の中に入れて、蒸し焼きにして、窯の中の温度が300度前後に上がると熱分解が始まります。つまり熱を出しながら分解されて炭化が進んでいきます。これにある程度勢いがつけば、原木自らが分解される時に出す熱でもって他の部分の炭化が進んでいくようになります。これを自発炭化といいます。こうなれば、窯の中の温度をあげるために入り口(窯口)で火を焚く必要がなくなります。これが窯の中で上から下へ進み、一番下までいけば炭化終了で木炭になります。
炭化が終わった後、そのままにしておけば、燃えてしまって灰になるので、火を消すわけですが、窯を密閉して消すのが黒炭、窯の中に徐々に空気を入れていって、ガスなどをとばして、硬く焼きしめ(精練する、あらしをかける、くわせると言う)、1000度前後まで温度を上げ、真っ赤になった炭を窯の外に出し、スバイという消し粉をかけて消火するのが白炭です。
白炭と黒炭の違い
一般的に、黒炭は比較的柔らかく、着火温度は低くて(おこしやすい)、比較的火持ちはよくありません。白炭は硬く、着火温度は高くて(おこしにくい)、火持ちが良く、ガスも殆ど出ません。それぞれ特徴があって、どちらがいいというわけでもなくて、その特徴にあった使い方をすればいいのだと、私は考えています。
黒炭で代表的なのものに、茶道で使われる池田炭や佐倉炭(いずれも産地の地名)があります。主にクヌギを原木として焼いた炭が上等とされています。そして一般的には主に粘土を使って作った窯で焼くので、「ドガマズミ」(土窯炭)と言ったりします。
一方、白炭で最も有名なのは、紀州が本場の備長炭(江戸時代に和歌山で廻船問屋をしていた備中屋長左衛門の名前に由来)です。原木は「ウバメガシ」という樫の木の種類です。非常に重く(比重がある)、成長の遅い、つまり目のつまった木です。そしてこちらは石をたくさん使って築く窯なので、石窯(イシガマ)と言ったりします。当地七ヶ宿にはウバメガシはない(生育していない)ので、当方の白炭はおもにナラ(コナラ、ミズナラ)が原木です。
白炭を焼く技術は中国、朝鮮半島、日本くらいにしかなく、世界中のあとの地域にある炭焼きはほとんど黒炭のようです。

特徴topへ

sem
炭は多孔質ーコナラ白炭の電子顕微鏡写真(1000倍)

       
利用

bb燃料として
一酸化炭素がほとんど出ないので、室内で火鉢や掘り炬燵で使うのに最適です。(換気は必要です)炭を熾すのはやや大変ですが(たっぷり熾すのがポイント)、いったん熾せば、火持ちよく長持ちします。長時間炭火を保つひけつは、たっぷり熾して灰をかぶせ、火力調整することです。もれなく、「火鉢での白炭の焚き方」説明書が付きます。灰は新しいものを篩にかけて使うのがポイント。灰もおわけできます。

適した商品----並上2k1240円紙袋入,並上5k紙袋入2270円,並上15kポリ袋入4630円など


bbお風呂に
炭を500グラム〜1キロほど、たわしで軽く水洗いし、天日乾燥させます。巾着に入れて、できれば水から浴槽に入れて沸かします。沸いた湯にいれても構いません。白炭が水の分子構造を小さくするので、湯あたりが柔らかくなり、暖まります。入浴が終わったら、湯からあげておきます。4、5日使ったら、軽く水洗いして天日乾燥して、同じように繰り返し使って下さい。取替時期は半年ぐらいとお考え下さい。

適した商品/風呂用(巾着付)1240円、上太2k 1650円など

 

bb消臭と脱臭に
使用する炭の量は、場所など条件によってかなり違います。効き目があると思うくらいということと、空間的な余裕を考慮した量をお使い下さい。軽く水洗いして、天日乾燥し、適宜、器、巾着、紙袋などに入れてお使い下さい。 はなはだいい加減かもしれませんが、効き目がなくなった頃が取替時期で、新しい炭にするか、一度使ったものを、煮沸、天日乾燥してお使い下さい。 白炭は酸化臭(物質が酸化老化する時に放出する臭い)を吸着する能力に優れています。下駄箱、冷蔵庫、押し入れ、お部屋など、暮らしの様々な場面にどうぞ。

適した商品/並上2k1240円,上太2k1650円,上細2k1860円など

 

bb炊飯、飲み水に
上細炭で10センチの長さのものが米5合に対して1本程度、炊飯時に一緒に入れて炊きます。おいしいごはんに炊けます。汲み置いた水1リットルに1本程度の炭を入れて、一晩置きます。カルキ臭がなくなって、ミネラルが溶け出し(ゆっくり溶け出すので、効果はある程度長もちします)、おいしい水になります。3ヶ月程度で取替の目安です。(炊飯飲料水用は3本程度入っています)

適した商品/炊飯飲料水用520円,上細2k1860円など

 

bb揚げ物の油、様々な調理に
油を加熱する前に炭を1かけ入れ、揚げ物をすると、カリッと上がり、油も長もちします。(白炭が油の酸化を防ぎます) 同様に煮物に入れても、素材にまんべんなく火が通ります。(遠赤外線効果) ぬか漬けのぬか床に入れても、発酵を促進し、ミネラルも溶け出しおいしくなります。麺類を茹でる時に1かけ入れると、つるつるの麺になります。

適した商品/並上2k1240円,上細2k1860円,上太2k1650円など

 

bbおしゃれなインテリアとして
炭を適宜、パソコンやテレビの横、居間、押し入れ、トイレ、台所、寝室、食器棚などに、飾り置きます。炭からでるマイナスイオンによるリラックス効果や消臭の効果があります。また電化製品などからでる人体に有害な電磁波をある程度遮断する働きもあります。炭の美しさも御堪能下さい。

適した商品/上細2k1860円,上太2k1650円,飾り炭(大,中,小)420,620,930円など

 

bb床下の調湿に
住宅の床下の調湿に、おおよその目安として1坪あたり120キロ相当8袋の炭を敷いて使います。麻袋などに入れて敷くと、後々のメンテナンスも容易になります。特に針葉樹の白炭は断熱力に優れることから、結露防止に役立って、より床下の調湿に有効です。また、ねたきりの方の部屋の床下に入れると、特有の臭いが消えると好評を得ております。

適した商品/粉炭15k2100円(現在販売休止中),針葉樹白炭約45L2400円(麻袋入だと2600円)


特徴topへ


マイナスイオン
炭からはリラックス効果のあるマイナスイオンが出ますが、風が当たる、力が加わる、熱が加わるなど、外部から何らかのエネルギーが与えられないと、マイナスイオンは放出されないようです。ですが、真空パックするなどしなければ、そういった力が加わらないということはないので、マイナスイオンが出るとしています。


遠赤外線
これも熱が加わらないと、遠赤外線は放出されないようです。

template by teslathemes

原文